2019年6月6日木曜日

[メモ] WWDC 2019アクセシビリティ関連の情報クリッピング。(2019/6/19 Update)


毎年6月のお楽しみ、WWDCが今年も無事閉幕。
盛りだくさんだった内容の中から、アクセシビリティに関連するトピックスをクリッピングします。実際にこれらの新技術を体験できるのは秋になりますが、今回の発表を見る限り、ここ数年ポジティブな変化が見られなかったmacOSのVoiceoverにも大きな変更が加えられそうで楽しみです。日本語環境が置き去りにされないことを祈るばかりですが、どうなりますことやら。期待しすぎない、これがVoiceover使いのMacユーザーのスタンスです。
(2019/6/19 更新しました)

・全般

Apple公式サイトから。

WWDC 2019発表まとめ。

WWDC 2019アクセシビリティ関連まとめ。

Steven Aquino氏のWWDC 2019レポート。

by Steven Aquino。iOSの設定メニュー、HomePod、音声コントロール。

Appleによる開発者向けアクセシビリティガイド。


・iOS 13

アクセシビリティ設定が設定の最上位レベルに移動。設定項目も大幅に刷新。

新しい色覚サポートとモーション感度の設定。

新しいショートカットのトリガー。

NFCからショートカットを実行。

iOS 13ではFace IDに触覚フィードバックが加わる。




・ボイスコントロール



・macOS 10.15 Catalina



・ipadOSとiOS 13のマウスサポート


マウスのサポートはアクセシビリティの一環とApple。



・開発、セキュリティ

SwiftUIではアプリのアクセシビリティ向上が期待できる?
ダークモード、ダイナミックタイプなどアクセシビリティがデフォルトに?





・インタビュー

Steven Aquino氏によるSarah Herrlinger氏インタビュー。(トランスクリプト)

Applevisによるインタビュー。(音声)



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...