2018年12月23日日曜日

[一般] Macの「ボイスメモ」で録音データを取り出す方法と入力ソースのお話。

macOS Mojave、ボイスメモのスクリーンショット

macOS Mojave (10.14)で登場した標準録音アプリケーション「ボイスメモ」。
これまでMacでオーディオを録音するには「QuickTimeプレイヤー」かサードパーティー製アプリを使用するしかなかったが、これでMacでも手軽に録音できるようになった。
まずはMac版ボイスメモの特徴をおさらいしよう。

iCloud Driveを経由してiOSデバイスの「ボイスメモ」と瞬時に同期できる
録音した音声をメールやメッセージなどへ共有できる
録音したデータのトリミング、再録音が可能
録音する音声品質は2種類から選べる
位置情報をもとに録音名をつけられる
削除したデータは設定に応じて一定期間保存される


録音データをFinderにコピーする


録音したデータはツールバーの「共有」から外部アプリへ渡せるが、Finderにコピーすれば、好みの音声編集アプリで開いたり、ムービーの音声トラックに利用するなどさらに活用範囲が広がる。
ただ、ボイスメモのメニューからは音声データをエクスポートする機能はよういされていない。でもご安心。ちゃんとできます。
Finderへコピーする方法は2通り。

1. 録音リストから保存したい録音名をFinderへドラッグ&ドロップする

2. Finderで「ライブラリ」を開き(「移動」メニューでOptionキーを押してアクセスできる)、「/Application Support/com.apple.voicememos/Recordings」を開くと、その中に「.M4A」形式のファイルが保存されている。これが録音データなのでこれをコピーする。

なお「ライブラリ」の中のファイルやフォルダを不用意に改変するとmacOSやアプリケーションの動作が不安定になる可能性があるので注意。録音データを取り出す場合も、ファイルをコピー、保存先にペーストして保存し、録音の削除は「ボイスメモ」アプリ上で行うようにしよう。


録音元となる入力ソースを選ぶ


「録音」ボタンをクリックして録音したボイスメモを確認しても、思ったような音が入っていない、という場合は「入力ソース」を確認しよう。iPhoneではマイクからのみ録音可能だったが、Macでは様々な音源から録音できるようになっている。

「ボイスメモ」で録音する音声は、システム環境設定の「サウンド」パネルを開き、「入力」タブにある「サウンド入力装置」で選択できる。BluetoothマイクやUSBカメラなどを接続した状態でMacBookのマイクから録音したい場合などはここから入力ソースを選ぶ必要があるかもしれない。
また、オーディオ入力が可能なMacやUSBオーディオインターフェイスを使えば、ライン入力で高音質な録音もできる。録音レベルもここから設定可能だ。

※本記事はmacOS Mojave 10.14.2にて執筆しました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...