2020年5月22日金曜日

[iPhoneゲーム] Voiceover対応ビデオポーカー「Pirate Poker」。


Pirate Poker」は、Voiceoverに完全対応したiPhone向けポーカーゲームです。
簡単にいえば昔(今もある?)ゲーセンにあった一人用のビデオポーカーゲームみたいな感じ。仮想コインを賭け、配られた5枚のトランプカードで役を作り、それに応じた賞金をゲットして増やしていくというカードゲームです。基本無料で遊べますよ。
開発は昨年ApplevisでGame Awardを受賞した「友達とサイコロ」などのアクセシブルなゲームをリリースしているAppA11y, Inc.
Stay@Homeの暇つぶしにピッタリのこのゲーム、遊び方を簡単にご紹介しましょう。

まずは「「Balance」の項目をチェックして現在の仮想コイン残高を確認しておきます。足りなくなったら「Store」ボタンから購入したり、GAME Worldなどで増やしたりできるみたいです.ただどのくらいの頻度なのかはわからないのですが、一定時間ごとに残高が増えている感じです。気のせいだったらごめんなさい。

Pirate Pokerはポーカーゲームなので、BET数(掛け金)を決めます。デフォルトでは「1」に設定されてますが、コツが掴めてきたらBET数を増やして一獲千金(バーチャルだけど)を目指すのもアリでしょう。

BET数は「BET Level」と「Coins per BET」の2つの要素で決まります。
まず「BET Level」をタップしてBET Levelを決めます。レベルは1から5まであり、タップするごとに切り替わります。BET Levelが高ければ強いハンド(役)で上がった時に獲得できるコイン数が多くなります。ペイアウト(払い出し)枚数は画面の上の方に表示されているのでチェックしておきましょう。
さらにレベル5に設定すると特別ボーナス(progressive)を獲得できたりするらしいです。
続いて「Coins per BET」を決めます。
要するに倍率ですね。例えばBET Levelが2の時にCoins per BETが5の時はベットするコインは10枚となります。もちろんBET数が多いほどペイアウトの枚数も跳ね上がります。
「increase coin amount」と「Decrease coin amount」をタップしてBET Levelごとにベットするコイン数を5枚単位で設定します。

では早速プレイしてみましょう。ざっくりいえばランダムに配られた5枚のカードから1回だけ不要なカードをチェンジし、最終的に役ができれば勝利です。

  1. 「deal Cards」をタップすると、5枚のカードがランダムに配られ、Voiceoverがカードの内容を読み上げます。「Auto Hold」がオンになっていれば、カードが配られた後に何枚のカードがホールドされたかを読み上げます。
  2. 配られたカードにフォーカスすると、カードの内容を読み上げ、ホールドされていれば「Held」と読み上げます。各カードをタップして「ホールド」するか「捨てる(ホールドしない)」かを決めます。
  3. ホールドするカードが決まったら「deal Cards」をタップします。ホールドしなかったカードが捨てられ、新しいカードがランダムに配れれます。
  4. ハンド(役)が完成していれば役名とBET数に応じたペイアウト枚数(BET Levelの払い出し枚数×Coins per BET)が読み上げられますが、役が完成しなければ「No WIN」と読み上げます。しょんぼり。

これでゲームのワンセット終了です。
引き続きBET数を決めて次のゲームにチャレンジできます。
Voiceover対応とはいえいちいちホールドを指定するのは面倒なので「Auto Hold」機能は重宝しますね。あえてホールドされたペアを捨ててフラッシュやストレートなどの高いハンドを目指すのも戦略の一つです。
ちなみにPirate Pokerで採用されているハンドは以下の通り(弱い順です)。

  • Pair: Pair Jacks or better:Jack以上のワンペア。
  • Two Pair:2組のペア。
  • Three of a Kind:同じ番号のカードが3枚。
  • Straight:連続した番号の5枚のカード。
  • Flush:同じマークの5枚のカード。
  • Full House:ワンペアとスリーカードが同居。
  • Four of a Kind:4枚の同じ番号のカード。
  • Straight Flush:同じマークの連続した5枚のカード。
  • Royal Flush:同じマークの10、Jack、Queen、King、Ace。

「Statistics and Profile」ではこれまでの自分の実績を、「Leaders」ではランキング、「Activity Feed」で最近の他のプレイヤーが上がった強ハンドの履歴が見られます。
Pirate Pokerは他プレイヤーとの駆け引きもないシンプルなビデオポーカーゲームです。(ランキングはあるけど)基本的に「確率」と「運」の要素が強いゲームなのだけど、なんとなくポチポチ遊んでしまう。低BETで運試ししつつ暇つぶしするには良いかもと思いました。あ、サウンドは凝ってます。サイレントスイッチはオフにして楽しみましょう。

もっと本格的で対戦できるポーカーゲームならAppleがリリースしている「Texas Hold’em」もあります。もちろんVoiceover対応で無料ですよ。Pirate Pokerでポーカーに興味を持ったら挑戦するのも良いかもしれません。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...