2020年5月24日日曜日

GAAD 2020関連記事クリッピング。


2020年5月21日(木)のグローバルアクセシビリティ啓発デー(Global Accessibility Awareness Day)に関連した記事クリッピングです。リンク切れなどはご容赦ください。

今年もアクセシビリティにまつわる様々なイベントや発表が世界中で行われました。例年とは異なりCovid-19の感染拡大に伴って、多くのイベントが規模を縮小しオンラインで開催されています。
世界中の多くの人々がStay@Homeを余儀なくされている中、テレワークやリモートスクール、ソーシャルディスタンシング、コンタクトトラッキングなど、新しいライフスタイルに適応するためのテクノロジーとの関わりが生まれています。
それに伴い、デジタル・アクセシビリティの重要性はより高くなってきているといえるでしょう。世界が全く新しい領域へシフトしていく中、障害者や高齢者が取り残されてしまう懸念があります。今年はそのような論調が特に海外では目立っていたようにも感じられました。
Covid-19を経験した世界がどのようにアクセシビリティやインクルージョンを推し進めるのか、それともよりバリアや格差が世界を覆い尽くすのか。今年は感染流行の真っ只中ということでその辺りは見えてきませんでしたが、来年のGAADでは大きなテーマとなるかもしれませんね。
また一年間、頑張ってサバイバルしていこうと思う次第です。


・国内



・Apple


(Applevisより)


・Microsoft




・Google



・IBM


・Be My Eyes


・その他



・オピニオン


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...