2020年3月2日月曜日

[随時更新] テキスト版点字一覧表(仮)。


ネットを検索すると、点字を解説しているページが数多く見つかる。
でもそのようなサイトに掲載されている「点字一覧表」は、結構スクリーンリーダーで読み上げられない画像やPDF形式になっていることが多い。
想像するにこれらのページは点訳者、要するに晴眼者向けに作られているのかな? 確かに見える人々にとっては、いちいち点の位置をテキストで説明されるよりも、画像で見られた方がわかりやすいだろう。

しかし筆者のようにスクリーンリーダーは使えるけど点字が読めない視覚障害者としては、点の位置を音声で確認できるようになれば、独学で点字の基礎をある程度身につけられるのになあ、と思ったりするのだった。
ネット上には視覚障害当事者向けの点字情報が意外と少ない気がする。点字学習は対面が基本、というのはわかるのだけれど、学習のきっかけとしてネットからの情報はある程度必要なのではないだろうか。

ということで、スクリーンリーダーで読める解説サイトを参考にさせていただきつつ、自分の点字学習用としてテキスト版点字一覧表を作ってみた。スクリーンリーダーで基本的な文字の点の位置を確認したかったので。
でせっかく作ったので恥ずかしながらシェア。以下、エクスキューズ。

・あくまでも筆者の学習用なのでかなり手抜きです。
・文字だけの情報なので詳しい表記ルールなどには触れていません。
・間違いなどありましたらTwitterからご指摘ください。
・随時更新していきます。多分。

参考にさせていただいたサイト:

ちなみに筆者はこれまで触読から点字を覚えようとして挫折を繰り返してきた歴史がある。だが昨年のサイトワールドで点字板と点字ラベルをゲットしたことをきっかけに「点字をうつ」快感に目覚めたのだった。
相変わらず触読は全然だけどね。
点筆でポチポチ気持ちいいよ。意外とストレス解消にもなるし、自分の打った点字をゆっくり読むのも楽しい。まずは自分の名前からポチポチしてみるのも良いかもね!
点字板片手に、レッツポチポチライフ。

※点の位置は、1=左上、2=左中、3=左下、4=右上、5=右中、6=右下。頭の中にイメージするとわかりやすいかも。

かな(清音)


あ、1
い、1、2 
う、1、4 
え、1、2、4
お、2、4

か行以下は、あ行に以下の点を加える。
語呂あわせつき。
例えば「ま」は「1、3、5、6の点」

か行、6、(かろく)
さ行、5、6、(さごろ)
た行、3、5、(たさご)
な行、3、(なさん)
は行、3、6、(はさむ)
ま行、3、5、6、(まさごろう)
ら行、5、(らご)

「ヤ、ゆ、よ」は「あ、う、お」を一番下まで下げ、4点を加える

や、1、4
ゆ、3、4、6
よ、3、4、5

わ、3
を(助詞)、 3、5
ん、3、5、6

・記号など

長音、2、5
促音(小さいつ)、2
読点、5、6
句点、2、5、6
感嘆符、2、3、5
疑問符、2、6

かな(濁音・半濁音)


対応する清音の前に符号をつける。

濁音符、5、(が行、ざ行、だ行、ば行)
半濁音符、6、(ぱ行)

かな(拗音・拗濁音・拗半濁音)


小さい「ゃ、ゅ、ょ」が付くかな文字は、少し変則的で文字の通りには打たない。
符号に続いて対応する「あ段、う段、お段」の点字を打つ。
「ゃ、ゅ、ょ」は打たない。
例えば「きゃ」は「4の点、1、6の点=か」といった感じ。ちょっと難しいね。

拗音符、4、(きゃ行、しゃ行、ちゃ行、にゃ行、ひゃ行、りゃ行)
拗濁音符、4、5、)ぎゃ行、じゃ行、ぢゃ行、びゃ行)
拗半濁音符、4、6、(ぴゃ行)

数字のルール


数字の前に数符をつける。
数字とそれに続く文字の間につなぎ符を置く。
大きな数は、4桁ごとに区切り、万、億などの位を表す語を挿入する。
位取り点でコンマ区切りの数値などを表す場合もある。

数符、3、4、5、6
小数点、2
位取り点、3
第一つなぎ符、3、6

アルファベットのルール


1文字のアルファベットや略語などの前には外字符を置く。
大文字の前には大文字符を置く。
全て大文字の場合には、一連の大文字の前に二重大文字符を置く。
外国語の単語や文章は外国語引用符で囲む。
一語が外国語と日本語で構成される場合には、その間に第一つなぎ符を挿入する。

外字符、5、6
大文字符、6
二重大文字符、6、を2マス
外国語引用符(開)、2、3、6
外国語引用符(閉)」、3、5、6

数字とアルファベット


数字の1から0と、アルファベットのAからjまでは同じ形。
かな文字に置き換えると「あ、い、う、る、ら、え、れ、り、お、ろ」となるけど覚えられないよね。気合で覚えるしかないのかな。

1/a、1
2/b、1、2
3/c、1、4
4/d、1、4、5
5/e、1、5
6/f、1、2、4
7/g、1、2、4、5
8/h、1、2、5
9/i、2、4
0/j、2、4、5

KからZまでは独自の形。Wだけ変則的みたい。

K、1、3
L、1、2、3
M、1、3、4
N、1、3、4、5
O、1、3、5
P、1、2、3、4
Q、1、2、3、4、5
R、1、2、3、5、
S、2、3、4
T、2、3、4、5
U、1、3、6
V、1、2、3、6
W、2、4、5、6
X、1、3、4、6
Y、1、3、4、5、6

Z、1、3、5、6

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...