2018年11月22日木曜日

Orcam Myeye 2.0、Bluetoothとボイスコマンドに対応。


先日開催されたサイトワールドでの展示も大盛況だった、イスラエルのスタートアップOrcam社の視覚補助デバイス「MyEye 2.0」がアップデートされ、音声コマンドによる操作やBluetoothイヤホンなどに対応した。一部の新機能はテキスト読み上げ専用版「Myreader 2.0」でも利用可能。

このアップデートで、ジェスチャやタッチバーで行う「自国読み上げ」や音声スピードの調節などをボイスコマンドで実行できるようになる。
またBluetoothデバイスの接続に対応。従来は読み上げ音声は本体スピーカーから再生されていたが、Bluetoothイヤホンを接続すれば、外出先でも周囲を機にすることなく使用できる。遮音性の高いイヤホンを使えば騒音の大きな場所でもMyeye 2.0の音声が効きやすくなるだろう。
さらに、対応言語としてフランス語、スペイン語が追加される。

8月にはバーコード読み取りなど大幅な機能強化が行われたばかりだが、精力的なアップデートはユーザーにとっても朗報だ。サイトワールドで体験した時、スピーカーからの音声が聞き取りにくいと感じていたため、Bluetooth対応でかなり魅力アップ。Bluetoothモジュールが内蔵されていたとは知らなんだ。音声コマンドも、新聞や本を両手で持って読む時にハンズフリーで操作できて便利かもしれない。

myeye 2.0の従来からの主な機能は以下の通り。

・テキストの認識と読み上げ
・顔検出と人物認識。100人まで登録可能。
・バーコード認識。学習モード(150アイテム)。
・色と各国の紙幣のリアルタイム認識。
・日付と自国の読み上げ。
・ジェスチャ、本体タッチセンサーによる操作。
・全ての機能はオフラインで動作。
・Wi-Fi接続によるアップデート。

このアップデートは準備が出来次第、デバイスをWi-Fi接続したタイミングで自動的に提供される。

もう一つ、myeye関連のトピックス。
東京都渋谷区は、myeye 2.0を日常生活用具給付対象に決定したとのこと。条件が整えば、購入費用の一部が補助される。少しでも負担が軽減されるのは、このデバイスが必要な視覚障害者にとって悪いニュースではないだろう。それでもおいそれとは手が出ないお値段ではあるのだが。

関連リンク:


※ブログは一人で書いてるため、誤字脱字はご容赦ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...