2021年6月15日火曜日

スペインで実証実験中。デジタルサイネージにnavilensを統合した「iPIS」。

スペインに拠点を置くIcon Multimediaは、同社が開発する旅客情報サイネージ製品Denevaにnavilensテクノロジーを統合し交通機関における視覚障害者のサポートを強化するシステムiPIS(Inclusive Passenger Information System)」を発表しました。

この新しいシステムは、デジタルサイネージのディスプレイ上に表示されたnavilensのddTagsをスマートフォンのカメラを使ってスキャンすることで、視覚に障害のある乗客にさまざまなサービスを提供します。


視覚障害者が一つのddTagsをスキャンすると、構内に設置されている全てのデジタルサイネージがアクティブ化され、それぞれのスクリーンに表示されているddTagsを用いて構内にある各施設へのナビゲーションや列車の運行情報、店舗などのサービス施設の情報などを音声で提供します。加えてよりスムーズなサポートを行う目的で、視覚障害者の訪問情報を駅員や列車の運転手に伝達することも可能とのこと。

iPISは現在すでに、スペイン国内にある複数の鉄道駅で実証実験を行っています。


このシステムは単純にddTagsをスキャンして情報を得るだけでなく、システム全体がユーザーからのアクションに呼応しサービスを提供する仕組みになっている、ように読めました。違ってるかも。もしそうならnavilensの新しい可能性を見た気がします。

また、navilensシステムを導入する場合、あちこちに貼られているddTagsが晴眼者にはどのように見えているのか個人的に気になっていました。要するに景観の問題ですね。デジタルサイネージに必要な時だけddTagsを表示するという仕組みは、そのような懸念に対する一つの解決法のようにも感じました。


参考:DENEVA adapts to facilitate the inclusion of people with visual disability » ICON Multimedia (iconmm.com)


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...