2020年12月24日木曜日

スペイン。目が見えなくてもクリスマスイルミネーションを楽しめるアプリ。(+おまけ付き)

自信ないけどマドリードのイルミネーション(画像引用元


クリスマスといえばイルミネーションですよね。

Covid-19が猛威を奮うこんなご時世ではありますが、やっぱり今年もあらゆる場所がキラキラしているのでしょう。あのキラキラはクリスマスムードを半ば強引に盛り上げてくれる魔力を持っていますが、全盲の視覚障害者に対してはそのパワー、一切無意味というのがちょっとつまらないところです。

目が見えなくてもクリスマスのイルミネーションを楽しみたい。そんなささやかな願いを少しだけ実現させてくれるかもしれない試みがスペイン、マドリードで行われています。


カルロス三世大学マドリード校(UC3M)の研究グループ(Human Language and Accessibility Technologies HULAt)は、目の見えない人々がマドリードのクリスマスイルミネーションを楽しむことができるモバイルアプリ「Navidad」を開発し実証実験を行いました。

このアプリはiOS(日本では利用不可)およびAndroidを搭載したスマートフォンで動作し、位置情報サービスを用いてイルミネーションに関する情報を音声でアナウンスします。

これには光や色、デザインといった視覚的な説明に加え、そのイルミネーションが制作された歴史的背景などのストーリーも含まれています。これは目の見える訪問者にも有益でしょう。


オーディオによるクリスマスツアーは、プエルタ・デル・ソル、マヨール広場、カナレハス広場など20の観光地から構成されており、スポット名を検索することで実際にその場所へ行くことなく説明を楽しむこともできます。

また音声は人間のナレーションによる音声、合成音声、そして若者向けにスラングを用いた音声から選ぶことができるそうで、最後のやつは謎ですがまあクリスマスだから楽しくて良いのでしょう。


研究グループはアプリが利用できる場所をふやすことで、誰もがマドリードのクリスマスを存分に楽しめるようにしたいと考えているとのことです。

個人的にはテキスト情報だけでなく、イルミネーションのキラキラをこのNASAの動画みたいにSonification(音声化)してほしいな。


参考:“Accessible Christmas”, an application that allows blind people to enjoy Christmas lights | UC3M


おまけ。視覚障害者とクリスマスに関するトピックス。


How To Describe A Christmas Tree To Someone Who Is Vision Impaired

目の見えない人にクリスマスツリーを言葉で説明するためのヒントです。どのくらいの高さと幅か、現在地からどのくらいの距離に立っているのか、ツリーは人工的か自然の木か、自然の場合はどのような種類かなど、まずツリー本体の説明をします。それからツリーの天辺にある飾りやランプ、オーナメントの説明をしましょう。光過敏を持つ方の場合は、ツリーを直視しても大丈夫かどうか検討する必要もあるとのことです。上手に説明すれば、視覚障害者の頭の中に鮮やかなクリスマスツリーが浮かび上がることでしょう。説明する側としても、ツリーをしっかり観察することで新しい発見があるかもしれません。


How To Decorate A Vision Impairment Friendly Christmas Tree | Veroniiiica

視覚障害者、主にロービジョンのためのクリスマスツリー飾り付けガイドです。コントラストなどに配慮したオーナメントの選び方や最適なランプの種類、飾りを取り付ける際の注意点などが解説されています。特に光過敏の方にとって激しく点滅するランプは避けた方が良いとのこと。触れて楽しめる様々な手触りの飾りを選ぶのもポイントです。あとプレゼントは間違えて開封しないよう、ラッピングを工夫しましょう。包装紙の触感でプレゼントを当てっこするのも楽しそうです。


Celebrate the Season with Braille Christmas Crafts & Treats

米国で点字関連サービスを提供するBraille Worksのブログから。自宅でクリスマスを祝う視覚障害者向けのアクティビティガイドです。点字をあしらったシュガークッキーのレシピや点字クリスマスカードの作り方、オンラインクリスマスパーティーで自己主張できる点字Tシャツ&スゥエットの作り方などが解説されています。クリスマスを穏やかに過ごすためのヒントもあります。


・英国RNIBのアドベントカレンダー(日付をクリックするとキラリーンって鳴るよ)

・Vision Australiaのクリスマスイベントのお知らせ

・世界各地の支援団体通じたサンタクロースからの点字クリスマスカードはそろそろ子供たちの手元に届けられている頃でしょうか。

・良いクリスマスを。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...