2020年1月16日木曜日

[CES 2020] 視覚障害者向けスマートグラス「Envision Glasses」発表。


iPhone/Android用画像認識アプリ「Envision AI」で知られるオランダのスタートアップEnvision社は、CES 2020ではEnvision AIの技術を応用した視覚障害者向けのスマートグラスを出展した。
CES会期中はあまり情報が入ってこなかったのだが、2020年1月14日、その新しいデバイスの概要が公式に発表された
その名は「Envision Glasses」。

Envision AIはカメラで撮影したテキストや人物などを画像認識AIで解析しその内容を音声で読み上げてくれるアプリ。アプリ版はすでに多くの視覚障害者に利用されており、早い段階からスマートグラス対応の要望が寄せられていたと言う。
Envisionはその声に応えるべく試行錯誤を続け、満を辞して登場したのが「Envision Glasses」。単体でEnvision AIの画像認識機能が利用できるスマートグラスだ。

ハードウェアは独自設計ではなく、2019年5月に発売された「Google Glass Enterprise Edition(第二世代)」を採用。わずか46グラムという軽量、そして一般的なメガネと違和感の少ないデザインが特徴で、フレームには好みのレンズをいれることができる。
スマートグラスというと、どうしてもゴツい姿を思い浮かべてしまうが、その心配は少なそうだ。もちろん使用中はフレームから延びるケーブル類は一切ない。

フレームの左側には800万画素のカメラが搭載されており、側面のタッチパッドの操作でEnvisionのアクションを選択しアプリ版と同様の画像認識機能(文字の認識、人物の顔や色の識別、風景の説明など)が利用できる。ウェアラブルになることで、いちいちスマートフォンを取り出す必要がなくなるのは、特に外出や作業中には便利そうだ。

またEnvision Glasses独自の機能として「ビデオ通話」が追加されている。カメラで撮影した映像をストリーミングし、遠隔サポートを受ける時などに利用できる。要するに晴眼者と接続し「Be my eyes」や「AIRA」のように、向いている方向の映像を見てもらいながら色々手伝ってもらえる、と言う感じ。これ、なにげに目玉機能な気がする。

Google GlassはAndroid OSを採用しているが、標準の音声読み上げ機能「TalkBack」には対応していない。そこでEnvisionは独自に音声読み上げ機能を開発し実装したとのことだ(この辺り、日本語ローカライズの障壁になりそう?)。
音声は内蔵スピーカーもしくはBluetooth/USB-C接続のイヤホンから出力される。
なおGoogle Glassには液晶ディスプレイが内蔵されているが、Envision Glassesでは使用しない。また音声による操作はできないようだ(対応してほしいなあ)。

ネットワーク接続が必要な機能についてはWi-Fi接続、もしくはBluetoothでスマートフォンと接続することで利用できる。
バッテリーはUSB-Cポート経由で充電し、最大で8時間駆動可能という。物理的な電源ボタンがあるので、使いたい時だけ電源を入れるような運用もできそうだ。

気になる価格は、まだ未定。
現段階の見積もりでは1,000から1,500ドル程度とのこと。Google Glassの価格が999ドルということを考えると、これはかなり良心的というか戦略的な価格設定。一般的なガジェットと比べると高価に聞こえるかもしれないが、3,000ドル、5,000ドルが当たり前の視覚障害者向けスマートデバイスの世界では破格と言える。

発売予定は2020年7月。それに先立ち3月に米国で開催されるCSUNにおいて予約キャンペーンを実施するとのことだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...