2020年1月14日火曜日

[CES 2020] SAMSUNGとロービジョン向けデバイス「Iris Vision」が業務提携。


ロービジョン向け視覚補整スマートグラスを開発・販売する米国Iris Visionが、SAMSUNGとのパートナーシップ提携を発表した。
Iris VisionはSAMSUNGのスマートフォンGalaxyシリーズとVRゴーグルを用い、カメラで撮影した映像をリアルタイムで処理し、ロービジョンの生活向上を目指す製品。すでに北米を中心に数千人のユーザーを獲得している。(関連エントリー

この業務提携によりIris VisionはSAMSUNGと連携し、5gやxRといった最新の技術を次世代スマートグラス開発に活用したい考えだ。

さらにSAMSUNGの世界規模のネットワークを活用し、Iris Visionの処方をリモートで行うなど、販路の拡大も視野に入れている。

Iris Visionは視覚補整スマートグラスとしては比較的安価なソリューションであるため、この提携によって入手性が高まれば、恩恵を受けられるユーザーが増えるかもしれない。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...