2019年1月24日木曜日

[一般][Mac] メカニカルキーボードの「音」を再現する「MKS(Mechanical Keyboard Simulator)」


キーを押し下げると「カチッ」という小気味良い音
それとともに指先に感じるしっかりとした反発力。
触覚と聴覚を刺激するメカニカルキーボードの魅力は、パソコンの主流がノート型に移行した現在も人々の心を掴んで離さない。

筆者は上京してすぐ入ったプログラマーのバイトでIBMの端末を使っていたが、それにつながっていたのが、幻の名機と呼ばれる「5576-A01」だった。バックリング・スプリング機構から奏でられる玉を弾くような打鍵音とストロングな反発力は、筆者の耳と指先の記憶にしっかりと刻み込まれている。もう30年近く前の話だ。
現在も品揃えのいいショップに行けば、Cherry MXスイッチなどを採用したメカニカルキーボードを見つけることができる。

MKS(Mechanical Keyboard Simulator)は、メカニカルキーボードの打鍵音をMacで再現するちょっとマニアックなユーティリティだ。
MKSをインストールするとメニューバーに常駐し、キー入力に合わせてカチカチというメカニカルキーボードの小気味良いサウンドが再生される。ステレオサウンドに設定すれば、ちゃんと押したキーの位置からサウンドが鳴る芸の細かさ(ぜひヘッドホンで試してみてほしい)。
オプションの充実振りも特筆もの。音量調節はもちろん、3種類のサウンドから好みの打鍵音を選べたり「キーを離す音」を切り替えられるなど、とことんリアルさを追求している。いい意味で同化しているほどのマニアックさだ。

○App for Mac
作者/Bogdan 価格/無料


MKSのインストールと起動


  1. 「MKS.dmg」をダウンロードする。
  2. MKS.dmgを開いて「MKS.app」を「アプリケーション」フォルダにコピーする。
  3. MKS.appを起動。権限の設定を促す英語のダイアログが開くのでいったん閉じる。
  4. 「システム環境設定」を起動し「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」>「アクセシビリティ」の順にクリック。
  5. 左下の南京錠アイコンをクリックしてユーザーパスワードを入力し、アンロックする。
  6. リストにある「MKS.app」にチェックを入れる。
  7. MKS.appを起動するとメニューバーに常駐し、キーサウンドが有効になる。
  8. 終了する時はメニューバーのアイコンをクリックして「Quit」を洗濯する。


MKSのオプション設定


メニューバーにあるMKSのアイコンをクリックするとメニューが表示され、ここでMKSの設定を変更できる。音量はもちろん、キーの上げ下げやランダムピッチなど、オプションからもこのツールのこだわり振りが感じられる。

Mute Keys
サウンドをミュート(消音)する。
25% - 100% Volume
音量を4段階で設定する。
Stereo Sound / Mono Sound
サウンドのステレオ/モノラルを切り替える。
Mod Keys On / Off
修飾キーを押した時に音を鳴らすかを設定する。
Keyup Sound On / Off
キーを「離した」時に音を鳴らすかを設定する。
Randomize Pitch On / Off
オンにするとサウンドのピッチがランダムに変化し、リアルに鳴る。
Tappy Profile 1 / 2 / Clicky Profile
サウンドの種類を3種類から選択できる。


楽しいだけじゃなく、実用性もある


当然ながらメカニカルキーボードのキータッチは再現されないが、打鍵音だけでもそれなりの雰囲気が楽しめる。かつてメカニカルキーボードで仕事をしていた身としては、当時の感覚が戻るような戻らないような。
ヘッドホンを使えば、騒音問題でメカニカルキーボードを諦めていたユーザーにも安心だろう。

MKSは趣味的なユーティリティに見えるが、実用性もある。ストロークが浅く打鍵感が乏しいキーボードでブラインド入力すると、たまに湯力漏れをしてしまうことがあるが、このユーティリティを使えばサウンドでキー入力を確実に確認できるようになる。

メカニカルキーボードを使ったことがある人もそうでない人も、タイピングがちょっと楽しくなる「MKS」。体験してみてはいかがだろうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...