2021年5月30日日曜日

[ゲーム][雑記] Stevie Wonder出演のテレビゲーム広告?

Stevie Wonder Atari ad

画像引用元:Snopes.com


これはおよそ40年ほど前、北米で大流行していた家庭用テレビゲーム機「ATARI 2600」の広告画像です。「If I could play video games, you bet it would be ATARI!もし僕がゲームをプレイできるとしたら、本命はATARIだ!)」と題されたこの広告。クレジットには1981年とあり、ATARI 2600とともに、盲目のミュージシャンStevie Wonderが写っています。


My friends tell me the graphics are the best. I don’t know what that means, but … 

「友達はグラフィックが最高だって言ってる。僕にはわからないけどね……。」

He likes to hear his friends having fun!

彼は友達が楽しむ声を聞くのが好きなんだ!

Even Stevie can fumble his way through a joystick.

Stevieだって手探りでジョイスティックを操作できるよ。

Stevie likes to play alone, even if he has no idea what’s happening.

Stevie は、何が起こっているかわからなくても、一人で遊ぶのが好きなんだ。


はい、お察しの通り、この広告はフェイクです。

Snopes.comの記事によると、この画像の元ネタは、Wonderが実際に出演していたMusitronics Corporationのエンベロープフィルター「Mu-Tron III」の広告。2014年頃には既に流通していた画像らしく、当時のKOTAKUの記事によると、フェイクとしては完成度が高いとの評価です。当時、みたことのある人もいるかもしれませんね。


さて、このようなフェイクが作られ、流通する背景には「盲人はゲームをしない」と決め付けている共通した認識が透けて見えます。もちろんこれは事実とは異なりますが、ある程度、仕方のないことかもしれません。

でも近年のゲームアクセシビリティの動きを見ていると、Stevie WonderがリアルにPS5やXboxの広告に登場するのも、そう遠井日の話ではないような気もします。「Why do you still play games while looking at the screen?」とか言ってみたりしてね。

ジョークのつもりで作られたフェイクが、実は未来を予言していた……、なかなかに愉快なお話です。いつか現実がフェイクを追い越す瞬間を見届けたいものですね。


参考:Did Stevie Wonder Endorse Atari Video Games? | Snopes.com



     

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...