2021年4月23日金曜日

スペイン、公共交通機関TMBの全ての駅とバス停にnavilensのddTagsが導入される。

バス停に設置されたddTags(画像引用元


2021年4月21日、スペイン、バルセロナの都市交通事業者であるTransports Metropolitans de Barcelona(TMB)は、同社が管理する161の地下鉄駅と2,600のバス停すべてに、navilensテクノロジーの二次元インテリジェントタグである「ddTags」を導入したことを発表しました

navilensが大規模な交通機関全体へ導入されたのは今回が世界初で、設置されたddTagsはTMB全体で9,100個以上にもおよぶとのことです。


ddTagsはこれら施設内のあらゆる場所、コンコースや階段、エレベーター、券売機、トイレ、プラットホームなどに設置されています。これをスマートフォンにインストールされたnavilensアプリでスキャンすれば設備に関する情報や地下鉄・バスのリアルタイムな運行状況などをアナウンスするほか、音声を用いて視覚障害者をタグの位置まで安全に誘導します。

ddTagsは一般的なQRコードと異なり、離れた場所から複数のタグを素早くスキャンすることができ、タグを目で確認できないユーザーでも簡単に利用することができるという特徴を持っています。


このプロジェクトはTMBのユニバーサルアクセシビリティマスタープランの一環として始まり、2018年2月に地下鉄フィラ駅とエスパニョーラ駅で実施された実証実験の成功を経て、2019年からddTagsの導入が本格的に開始されました。3年という歳月をかけ、一つの区切りを迎えた格好となったようです。どの駅に行っても、どこのバス停に降りてもddTagsが利用できるという状況は、navilensの利便性と実用性を大きく高めることでしょう。


またTMBはddTagsを視覚障害者だけでなく、一般の乗客に対するサービス向上にも役立てる計画です。

同社の公式アプリ「TMB Go」でタグをスキャンすることで、リアルタイムの運行情報だけでなく、例えばニュース速報、クーポン広告、観光地の歴史から語学レッスンといった読み物に至るまで、様々なコンテンツが提供される予定とのことです。

単なるアクセシビリティ向上というだけでなく、交通機関全体のデジタル化にnavilensを組み込んだ取り組みとして、今後どのような活用がなされるのか注目されます。


なおTMBは3月にもサグラダ・ファミリア駅のメインロビにおいて、ビデオによる常設手話通訳や聴覚ループを備えた聴覚障害者向けのサービス拠点である「TMBポイント」の解説も発表しています


参考:Barcelona señaliza el metro y los autobuses con etiquetas inteligentes - Smart Cities (interempresas.net)

参考記事1:スペイン発。視覚障害者をカラフルに誘導する「navilens」。

参考記事2:「NaviLens」を使ってナビゲーションを体験してみました。


おまけ:最近よんだnavilens関連記事クリッピング


米テキサス、サンアントニオの公共交通機関でnavilensを試験導入。

App Will Help Blind, Visually Impaired Navigate San Antonio (govtech.com)

スペイン、コルドバのバス停にnavilensを導入。

Córdoba incorpora NaviLens en las paradas de autobuses para facilitar la movilidad a personas ciegas (tododisca.com)

視覚障害者の買い物。navilensの今後は。

'It's impossible for blind people to go supermarket shopping – that needs to change' (inews.co.uk)


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...