2019年6月14日金曜日

[粗訳] 脳を通じて「視覚をシェアする」新技術。


再生医療やインプラント人工視覚など、視覚障害者に「見る」能力を与える技術はまだまだ現実性が見えていない。だがいつかきっと、これらの技術により多くの視覚障害者が光を取り戻せる日が来ることを願うばかりだ。
そんな中「他人の目を通じてものを見る」という、にわかには信じがたい技術のニュースが飛び込んできた。他のソースを読むとこれは視覚障害者専用というわけではなく、新しい軍事技術の一つとして研究されているようだ。
まるで一昔前のSFに出てきそうなこの技術、果たしてどこまで本気なのかな?

※以下は「New Tech Could Allow Blind People To See Through The Eyes Of Others」をほんのり翻訳したものです。私にはとても難解です。

新しい技術は、他人の目を通じて視覚障害者が「見る」ことを実現する。

テキサス州ヒューストンにあるライス大学の研究チームは、視覚障害者が晴眼者の目を通して世界を見ることを可能にする技術を開発している。

この途方もないプロジェクトが成功すれば、晴眼者の視覚を読み取り、その人が見た画像を、20分の1秒以内に視覚障害者の脳に転送(テレパシー)することで、2人の脳の間で視覚画像を共有できるようになるという。

神経工学のチームが、手術を必要とせずに人間の脳とマシンを直接接続するためのヘッドセットやヘルメットの開発に着手した。このヘッドセットとそれを支える技術によって、テレパシーによる映像の共有が可能になる。

研究者は、このヘッドセットから発せられる光と磁場の両方を用いて、着用者の脳内の特別に再プログラムされたニューロンと相互作用させ、個人が見た視覚的イメージを視覚障害者の脳内に伝達することでコンセプトを実証する計画だ。

4年間続けられるこの野心的な研究は、「Magnetic, Optical and Acoustic Neural Access(MOANA)」プロジェクトと呼ばれる。同社は米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)から1800万ドルの資金提供を受けている。

DARPAがこのプロジェクトに関心を持っているのは、人間の脳とマシンの間でデータを送受信できる双方向インターフェースの開発を目指す「Next-Generation Nonsurgical Neurotechnology(N3)」プログラムのためだ。

ふたつの脳の間で映像を共有するという話は絵空事のように聞こえる。しかし研究チームのリーダーを務めるJacob Robinson氏は、最近の技術革新の数々がこのアイデアを実現可能にしたと語る。

「人の視覚に関わるの神経活動を解読し、それを1/20秒以内で別の人の脳内に再現しなければなリマせん。」とRobinson氏。
「手術なしでそれを行う技術はまだ存在しません。我々がそれを作るのです。」

人間の脳に装置を埋め込む手術は許されていないため、ライス大学の研究チームは、光、超音波、電磁エネルギーを組み合わせて脳の活動を読み書きする計画だ。MOANAでは、この3つをすべて取り入れた技術をテストする。

Robinson氏によると、MOANAのデコードおよびエンコード技術はいずれも、現在臨床試験中の黄斑変性、一部のガン、神経疾患の治療技術である、ウイルスベクターを用いた遺伝子伝達技術を採用する予定という。

ライス大学の研究チームは、神経活動を「読み取る」ために、ニューロンが活動しているときや firingしているときに光を吸収するように設計された「カルシウム依存性指示薬」と呼ばれる合成タンパク質を作ルようにニューロンを再プログラムする。

「我々の目的は、頭蓋骨を2回通過する光子に含まれる情報をキャプチャーし、解釈することです。光子は最初に視覚皮質に到達し、反射して検出器に戻されます。」
と共同研究者のAshok Veeraraghavan氏は述べた。

MOANAのチームには、Rice、Baylor College of Medicine、Jan and Dan Duncan Neurological Research Institute at Texas Children's Hospital、Duke University、Columbia University、Yale's John B.Pierce Laboratoryの15人の共同研究者が参加している。


※他の情報ソース:


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...