2018年9月4日火曜日

スマートグラスのニューウェーブ「AMAL Glasses」


AIによる画像認識技術の進歩により、視覚障害者の「目」の代わりとなるテクノロジーが続々と登場している。
このブログでも紹介したスマートフォンアプリ「Seiing AI」や「Envision AI」がその一例だが、これをもういっぽ進めたメガネ型ウェアラブル・デバイス「スマートグラス」は、視覚障害当事者の間でも大きな関心を集めているデバイスだ。
代表的なものには、イスラエルのスタートアップが開発した「Orcam My Eye」や、米国の遠隔支援サービス「AIRA」が採用している「Horizon」、日本でも文字認識に特化した「Oton Glass」などがある。

アラブ首長国連邦(UAE)、ドバイに本拠地を奥くMIH Systemsが現在開発を進めているスマートグラス「AMAL Glasses」は、そのような視覚障害者向けスマートグラスの中でもひときわユニークな存在だ。
AMAL Glassesは、軽量なサングラス型のウェアラブルデバイスと、ポケットに収まるコントローラーで構成され、これらはケーブルで接続される。グラスにはHD品質のカメラを搭載、高感度マイク、オンセイフィードバックを聞くためのスピーカー、GPSなどの各種センサーを内蔵する。
操作はグラスのテンプル(つる)のタッチジェスチャ。将来的には音声コマンドによる操作にも対応予定とのことだ。

ではAMAL Glassesではどのようなことができるのだろうか。
公式サイトでは、現時点で25もの機能が予告されている。
文字を読み上げるOCRや、色・紙幣・風景・人物などの認識といった定番の画像認識機能はもちろん、オーディオブックの再生やボイスレコーダー、リマインダー、さらに音声でプレイできるゲームまで用意されている。道に迷ったときに現在地を取得してヘルプを呼び出せる「SOS」機能も心強い。
中東発のプロダクトらしく、ムスリムのために、礼拝の時間をリマインドしたり、キブラの方角を知らせてくれる機能も用意されている。

機能をざっと見渡してみると、スマートグラスとスマートフォンが合体したような印象を感じる。いや、どちらかといえば画像認識もできるウェアラブルなスマートスピーカーというべきだろうか。
単なる文字や物体検出だけでなく、日常生活で役立つ機能を盛り込むことで、読書や買い物といった限定的なシーンだけでなく常に身につけて視覚障害者をサポートするデバイスを目指して開発されていると感じた。

AMAL Glasse最大の特徴は、アプリを追加インストールして機能を拡張できる「Application Store」だろう。無償配布予定のSDKを利用して誰でも視覚障害者のためのアプリを開発でき、専用のアプリストアから配布できるようになるとのことだ。
たとえば音声を使ったナビゲーションやAIRAのような遠隔サポート、画像や音声認識を活用したさまざまな用途が考えられる。もちろん、ゲームやスポーツ支援なども楽しそうだ。視覚障害者支援プラットホームとしての、スマートグラスの可能性を感じさせる。
同じ視覚障害を持っていても、個人のニーズは微妙に異なる。ユーザーのライフスタイルや行動範囲に合わせてカスタマイズしたり、就労や教育現場にマッチしたアプリケーションを開発することもできるだろう。

AMAL Glassesはアラビア語、英語など7言語に対応(日本語には非対応)。
早ければ2018年内にも出荷が開始される予定だ。

関連リンク:


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

米国マクドナルド、同社のキオスク端末に「JAWS Kiosk]を導入。視覚に障害があっても音声を用いた操作で注文から支払いまでを単独で実行可能に。

画像引用元: TPGi 米国マクドナルドは2021年9月9日、、支援技術ディベロッパーであるVispero社とと提携し、同社が運営する直営店およびフランチャイズ店舗に設置されているキオスク端末に対し「 JAWS Kiosk 」テクノロジーを採用したことを発表しました。 なおここで...